初秋の車山高原で、これからテント泊登山を始めたいと思っている方、ソロテントデビューをしたいと思っている方向けのスペシャルな参加型ワークショップをいたしました。
テント泊の基本(縦走の装備、テント設営など)を学びながら夜は実際にテント泊をし、翌日は早朝出発でサンライズトレッキングを行う1泊2日のワークショップです。

 

1日目:テント泊の基本

縦走の装備DSC01486

この時期に1泊2日の2000m以下での縦走を想定した装備(約7kg)を、パッキングした状態から中身まで見ていただきました。自分が何を重要視するかにもよりますが、パッキングや軽量化のコツがつかめたのではないでしょうか。

テント設営

シングルウオール・ダブルウオール・ツエルトタイプの3種類のテントを各々の特長を説明しながら設営、実際に皆さんにも設営してもらいました。どのテントが自分のスタイルにあうか考えその日に泊まるテントを選びます。

実際のテント泊S_6778818091011

 食事を終えたら、各自選んだテントで実際に寝ます。この日の深夜、すぐ近くに鹿の群れがいたようで、見慣れないテントに驚いたのか2時間ほど警戒の鳴き声が響いていました。実際に寝ると、それぞれ結露の状況はどうだったか、マットと寝袋との組み合わせはどうだったか、ウエアはどうだったかなど、それぞれ感じることができたと思います!

 

2日目:サンライズトレッキング
翌朝は朝4時出発で日の出を目指してトレッキング、歩きながら、暗い中だからこそのグループでの合図、方向確認の仕方、歩き方などお話しさせていただきました。熱いコーヒーを飲みながら朝陽と360度に広がる景色を堪能した後は、ススキが一面に広がるコースで汗をかき、テントエリアに戻ってゆったり朝食タイム。その後、テントやシュラフの撤収の仕方、メンテナンスなどを学んで終了です。

DSC01704 DSC01745

DSC01856DSC01882

さいごに
このワークショップは、車山高原の「コロモデゲストハウス」さんにご協力いただきました。フリータイムには、敷地内にあるハンモックやスラッグラインを楽しんだり、朝夕はビストロスタイル(パンはすべて手作りの焼きたて!)の食事をしたりと贅沢な時間を過ごせる和気あいあいとした2日間だったかと思います。参加された方たちで実際にテント泊縦走に行く計画をされていて、それが何より嬉しかったです。皆さま、ご参加ありがとうございました!