広島出身のスタッフが、地元で人気のお好み焼きを山ごはんに簡単アレンジしてみました。

フライパン1つで15分でできる、混ぜずに重ねる広島風スタイルのお好み焼きです(広島では広島焼きの事を“お好み焼き”と呼びます)。
餅入りで食べ応え&腹持ちも抜群。

ZEROGRAMのフライパン「RamenPan ULが活躍します。麺がぴったり収まる四角い形&深さがお好み焼きにピッタリです。

 

〈材料(1人前)〉

※山に行く前の下準備は最後に掲載

   ・お好み焼き粉…30g
   ・水…50cc
   ・麺…1袋
   ・豚薄切り…3枚
   ・キャベツ…40g
   ・スライス餅…2枚
   ・卵…1つ
   ・お好みソース+鰹節…適量
   ・アルミホイル

 

レシピ

①    お好み焼き粉と水を混ぜ、薄く生地を焼く

油は豚肉の脂身を使うのがおすすめです。後で加えることにより残りません。

②    生地を取り出し、半面ずつ使用し卵と豚肉を焼く

③    ②の上に麺と少しの水を加え軽く炒める

麺はあらかじめ袋の上からほぐしておくと火が通りやすく、時間短縮になります。

④    餅→キャベツ→生地の順でのせ、中火で5分※蓋をします。

蓋はアルミホイルで代用。キャベツがしんなりしてきたら食べごろサイン。※RamenPan使用での時間目安

⑤    ソース、鰹節をかけて完成。

お好みで青のりもおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

〈下準備〉

   ・お好み焼き粉…鰹節…各ジップロック等
   ・水…あらかじめ持っていくマグカップで50ccの目安を確認
   ・豚肉…食べやすい大きさに切って塩胡椒、冷凍
   ・キャベツ…千切りし、ジップロック
   ・スライス餅…半分に切りラップ
   ・お好みソース…好みの量を容器に移し替え

 

 

具材を変えてお好みの味にカスタマイズもおすすめです。翌朝美味しく頂けるのもお好み焼きの魅力ですね。
山で味わってみてください。

  RamenPan UL