ZEROGRAM は設営の簡単さと居住性を兼ね備えた円錐型の軽量ワンポールテント「INYO TIPI テント」を2019年5月下旬に発売いたします。ZEROGRAMのブランド名は自然への影響をゼロにしたい、スルーハイカーの負荷をゼロにしたいという思いからつけられました。今回発売する「INYO TIPI テント」もスルーハイカーが安心して快適に移動できるZEROGRAMらしいギアです。

 

①「INYO TIPI テント」特長

「INYO TIPI(インヨ ティピ) テント」は設営の簡単さと居住性を兼ね備えた円錐型の軽量ワンポールテントです。2~4名で快適な山旅ができる素材を採用し、シェルターモードで750gです。インナーテントのフロアサイズをティピの半分にすることで非常に広い前室エリアを確保しました。

1. 居住性

ティピテントの広い居住空間(フロア250×250cm、高さ165cm)の中では2~4名の大人が快適に過ごせます。大人2名が横になれるインナーテントはティピフロアサイズの半分で、インナーテントをつけても半分の広さを前室としてお使いいただけます。ティピテント、インナーテントとも前後に大きな入り口があり、機動力高くお使い頂けます。インナーテントは前後どちらにもつけられます。

2. 設営の簡単さ

1人でも簡単に素早く設営ができます。バランスよく4隅のペグが打てるようガイドロープが付属になっています。またトレッキングポールコネクタが付属しているのでトレッキングポールや太い枝など2本を組み合わせても支柱にすることもできます。

2. 軽量性
シェルターモード(ティピテントのみ)で750g。インナーテントを入れて1.24kgです。

3.結露への強さ

インナーテントは全面に結露に強いモノフィラメント※1を採用、結露による不快感はほぼゼロです。

4.  カラー
OLIVE と BLACK の2カラーです。BLACKは限定で公式サイトとShowroomのみで販売です。

 

「INYO TIPI テント」由来

「INYO TIPI(インヨ ティピ) テント」は北米インディアンの知恵 と シエラ山脈が強いモチーフです。

雨が溜まらず設営撤収が簡単な円錐形のティピテントは大草原の遊牧民である北米インディアンの居住空間がルーツです。彼らの言語で INYO(インヨ)は「偉大な精神の居所(Dwelling place of a great spirit)」という意味があります。

またINYO(インヨ)は ヨセミテ国立公園の南東にある郡名です。インヨの西にはシエラ山脈が広がっており、アメリカで最も高いマウントホイットニー(4,421m)はインヨにあります。

 


【 発売予定 】
2019年5月下旬

【 発売予定価格(税別) 】
OLIVE : 54,000円  、 BLACK(限定) : 58,000円
オプション 専用フットプリント 5,700円

【 スペック 】
・重量(最小)
  シェルターモード 750g(ティピ) 、 テントモード 1.24kg(ティピ+インナーテント)
・サイズ
  フロア: ティピ: 250cm x 250cm 、インナーテント: 220cm x 110cm、
    高さ:  ティピ: 165cm 、インナーテント: 100cm
・素材
  Canopy fabric:20D Nylon Sil / PU coating、 Floor fabric: 20D Nylon、 Inner Tent: 20D Mono Filament
・カラー
  OLIVE / BLACK(限定)
・使用人数
  シェルターモード 4 、テントモード 2
・セット内容 
ティピ本体、インナーテント、ペグ、設営ガイドロープ、トレッキングポールコネクタ  (専用フットプリント別売)
・その他
   ベンチレーション2、 ティピ&インナーとも出入口2、 インナーテント内にポケット1

以上