牛乳に漬けておくことで茹でずに作る、カルボナーラ味の炒めうどんです。暑い時にも嬉しいコクのある味付けは、うどん粉の塩気をそのまま使いチーズを入れることで、卵や調味料は使いません。漬け時間があるのでテント場についたら最初に漬けておくと良いでしょう。(漬け時間30分、調理時間10分)

【 材料(1人前) 】
・うどん(乾麺) …1束
・牛乳 …200ml
・スライスチーズ …1.5~2枚※
・ベーコン … 35g
・玉ねぎ … 1/4個

※うどんの種類によって塩味も変わります。塩気が強い時はチーズを1.5枚に減らすと良いでしょう。

今回、ほうれん草やトマトも加えています。

【 家でやっておく下準備 】
・乾麺は半分に折ってジップロックやビニールに入れる
・玉ねぎ、ベーコンは薄切り(一口サイズ)にカットする。

 

レシピ

① うどんの入ったジップロックに牛乳を半分ほど入れて浸す。うどん同士がくっつかないように、出来るだけバラけるようにして漬けておく。(30分)

このままだとうどん同士がくっつきます。袋は畳まず出来る限りばらけるようにして浸します。

② フライパン(「Ramenpan UL」)にベーコン、玉ねぎを入れ、玉ねぎが少し透明になるまで強火で炒める。

③ 弱火にし、①で柔らかくなったうどん(漬けている牛乳ごと)と残りの牛乳を加えて炒める。

④ スライスチーズを入れ溶かす。クリーミーになったら出来上がり!

ポイント

・ドライガーリックやキムチ等で味変したり、ナッツ等を加えて触感を変えるのも楽しいです。
・麺がくっついたまま牛乳に浸すと麺同士が固まってしまいます。出来る限りバラバラにして浸しておくことがポイントです。

※調理時間は「Ramenpan UL」使用での時間目安。今回バーナーはSOTOのAMICUSを使用。
※フライパンは深さがあり焦げ付きづらい「Ramenpan UL2」を使用しています。

「RamenPan UL2」はこちら