ビビン麺は韓国の汁なし冷麺です。本来はコチュジャンやおろしにんにくなどを合わせた甘辛スープを絡めて頂きますが、今回は韓国で有名な料理人ベックさん #백종원 のさっぱり塩味をアレンジした袋麺で作るレシピです。「ビビン」は韓国語でかき混ぜるという意味です、しっかり混ぜながらどうぞ!(調理時間10分)

今回はししとうで代用していますが、辛い方がお好みの方は青とおがらしをぜひ。

【 材料(1人前) 】
・袋麺(塩味) … 1袋
・砂糖 … 小さじ2
・しょうゆ … 小さじ1
・スープ用の水 … 1カップ
・ねぎ … 1/4本
・ししとう(または青とおがらし) … 2本
・すりごま … 大さじ1
・海苔 … 2-3枚
・ごま油 … 大さじ1
・レモン … 1/4個

【 家でやっておく下準備 】
ネギとししとうを3mm程度の小口切り、カットしたレモンをラップやジップロックに入れる。

レシピ

① 使う袋麺のゆで時間で麺をゆでます。

② ゆでている間にマグカップなどで冷たいスープを作ります(袋麺のスープの素、砂糖、しょうゆを入れて少量の水で溶かしてから、残りの水を入れて混ぜる)

③ 麺はゆであがったらお湯を捨て、水で洗い、水気を切る。

④ 麺の下にごま油を入れ、野菜と薬味を盛り付けます。

⑤ 食べる前に②の冷たいスープを注ぎ、レモンをギュッと絞って出来上がり。よく混ぜながらどうぞ!

ポイント

・今回の袋麺は一番さっぱりな塩味を使いましたが、好みの味の袋麺でもOKです。
・海苔は韓国のりでも◎ですが、韓国のりは塩がついているのでしょうゆを減らすなど塩分を調整します。
・常温でも十分美味しいですが、冷水を入れたサーモスや水を入れたプラティパスを凍らして持っていき、スープの水に使ってもよいでしょう。

※調理時間は「Ramenpan UL」使用での時間目安。今回バーナーはSOTOのAMICUSを使用。
※フライパンは袋麺サイズで深さがあり焦げ付きづらい「Ramenpan UL2」を使用しています。

「RamenPan UL2」はこちら