期間限定 テントレンタルサービス 2022/9/30まで
HOME > EXPLORER > 【シーン】''骨々(ほねほね)メッシュ''が便利な理由

【シーン】''骨々(ほねほね)メッシュ''が便利な理由

zerogram(ゼログラム)シェルターShelter
スタッフが''骨々(ほねほね)メッシュ''と呼んでいるメッシュテント(アンチバグテント)「Silver Pass A-mesh」は、前後左右に出入口が4か所あるユニークな構造で、4カ所すべてオープンにするとフレームだけが残ります。そこで通常のメッシュテントと異なるスタイルを2つご紹介します。

①フルオープンのスタイル
もはやメッシュ(蚊帳)機能を無視したフルオープンにしたスタイルです。
「Silver Pass A-mesh」はバスタブ形状のフロアがあるため、石を蹴り入れたり、隙間から這う虫が入ったりする心配がありません。もちろん、雨の後など地面が濡れていても安心して寛げるスペースになります。


②タープと組み合わせた、短辺側だけオープンのスタイル
こちらはタープと組み合わせたスタイル。短辺側の出入口だけオープンにし機動力の高いベース基地を実現します。日差しをしっかり遮りつつ周りからは見えづらい状態なので、内部でくつろぎやすく、急な夕立にも対応しやすいスタイルです。


ユニークな構造だからこそできるスタイル、いかがでしたでしょうか。
この"骨々(ほねほね)メッシュ"、テントは、上部両端にタープやシェルターと組み合わせる時に便利なOリングがあり、これを使用して木に吊ったスタイルも気軽にできます。ぜひ色々な使い方をお楽しみください。

RECOMMEND