モニターレビュー「YAKI BACKPACK 20L」公開中!
HOME > PRODUCTS > Sleeping Bag > Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie
  • Nevermind Plus Double Bootie

Nevermind Plus Double Bootie

アウター+インナーのダブル構造、3Way ハイブリッドテントシューズ
22,000(税込)

数量

カラー

サイズ

SPEC

材質 ●アウター素材  PU Coated Polyester
        中綿:PrimaLoftⓇ Black Eco
        インソール:EVA 10mm
●インナー素材  PU Coated Polyester
        中綿 600FP Duck down
サイズ S~L
S(23.0~25.0cm)
M(25.0~27.5cm)
L(27.5~30.0cm)
※メンズレディース兼用です。
重量 358g
カラー KHAKI, DARK ORANGE

FEATURES

NEVERMIND+ Double Bootie
Never Mind Weather! 3Way ハイブリットテントシューズ
アウターとインナーとのダブル構造で、それぞれに中綿が入った 3Way ハイブリッドテントシューズ。
インナーには保温性が高く軽量でコンパクトに収納できるダウン素材を充填、足を入れた瞬間から暖かさを感じます。
取り外しができるアウターにも中綿を充填しました。外での利用を想定し速乾性と耐久性に優れたPrimaLoft(リサイクル素材から作られた化繊コットンPrimaLoftⓇ Black Eco)を採用しています。
アウターとインナーは取り外しもできるため、組み合わせても、それぞれ単体でも利用できる3wayです。登山靴を脱いで寛いでいるテントや山小屋、車中などではインナーのみで。外に出る時はインナーを履いたままアウターに足を入れて作業できます。
厳しい寒さや湿気を感じる時でも、インナーとアウターそれぞれに中綿が入った相乗効果で足元をしっかり守ります。気温が下がりきっていない時期には、アウターのみで外に出るのもよいでしょう。外に出る度に冷たい靴を履かなくてはいけない煩わしさから解放されます。

PRODUCT


FABRIC


アウターシューズの中綿には、リサイクル素材から作られた化繊コットンPrimaLoftⓇ Black Ecoが使用され、
保温性があり、耐久性と通気性に優れています。

CHECK POINT





SCENE

REVIEW


"冬の足元寒い問題、今年はzerogramの「NEVERMIND Double bootie」を履いてます。
インナーとアウターの2層構造でめちゃめちゃ暖かいです!🌞中綿がダウンじゃなくて、プリマロフト?って素材らしい🤔
よくわかんないんだけどめっちゃ暖かい。アウターシューズは雪と氷の上でも滑らなくて歩きやすい感じ!
テントの中で履くようにSUBUでも買おうかと思ってたけど、これでOKでした👌
個人的には、見た目がガンダムっぽくて可愛いと思います🤣おすすめですよ!"
(レビュー抜粋)


"冬は行動中にかいた汗や湿気で登山靴の中や靴紐が凍ってしまうため、(自分は)タイベック製の袋に入れてテント内身体の近くに置いています。これまでもダウンのテントシューズを履いていましたが、トイレに行く時や星を見る時に毎回冷たくなった登山靴を出して、雪が深いと靴紐も結ばなければならならずかなり面倒で、あっという間に足先がキンキンに冷えてしまいました。

この「NEVERMIND+ DoubleBootie」はインナーだけでテント内を過ごし、アウターをさっと履いて簡単に外へ出れます。アウターの底は1cmもの厚さがあり、雪の上で立ち止まって星空を見上げていても冷たくありませんでした。2箇所のドローコードは厚いグローブをしてても操作可能です。インナーの底には「ZEROGRAM」とカッコいいロゴが入っています。→トイレを往復してから撮影したら中で擦れてつま先側の文字が秒で剥がれていました😅カッコ良かっただけに残念だが機能に問題はない。

設営後に使おうと思い、圧縮も兼ねてザックの底に入れましたが、設営時に足が凍っていくのも防ぐし、スノーシューのように幕営地を踏みならすのにも良いので、テン場に着いたらまずこれに履き替えても良かったなと思います。石や木の根を踏んでも平気なので、キャンプで薪を集めるのにもいいかもしれません。"
(レビュー抜粋)


"公式の記載で「登山靴を脱いで寛いでいる間、居住空間からテント周辺、車中泊など様々なシーンでご利用いただけます。」とあるように、基本的には活動時は他のブーツを履いて、ゆったりする時にこのブーツを履くような感じで使ってます。

このブーツ、底面はフラットですが特殊な生地なのかな?雪面を歩き回っても不思議と滑らないです。
ただラバーソールじゃなく生地なので、アスファルトとか歩くと擦れて痛みそう。そこは注意です。
あとはインナーシューズとアウターシューズを二重で履いてるのがかなり便利です。
テントに入るのにアウターを脱いでも、靴下一枚になることがないので寒さを感じません。
(というか、底面の生地に雪がくっつきづらいので僕はそのままテントにずかずか入ってます。気にしない人はそれでいいかも)

プリマロフトを使用しているので、常に寝袋に足を突っ込んでるくらい暖かいのは雪中キャンプでもかなりありがたいです。
登山靴やスノーブーツみたいに硬くない&紐で縛らないので開放感はかなりあります。血流が妨げられないから、指先が冷えないのかもしれません。

注意点は、テントの外を歩いている時にペグにひっかけると破けるんじゃないかってヒヤッとすることぐらいです。3回ほど引っ掛けていますが破けてはいないので意外と丈夫なナイロンなのかも。
総じて優秀なリラックスブーツです。おすすめできます!"
(レビュー抜粋)

DETAIL